October 25, 2019 / 7:08 AM / in 18 days

ディスコ、中外薬、東エレクなど


6146  ディスコ  23760  +2460急騰。前日に上半期決算を発表、営業益は172億円となった。7-9月期営業益は101億円で市場予想を20億円程度上回った。また、第3四半期累計見通しは223億円としており、10-12月期は51億円の水準に。前四半期比で大幅減益となり、市場予想の75億円程度も大きく下回るが、保守的な計画とみられるほか、出荷計画は前四半期比で増加を見込んでおり、検収基準での第4四半期業績拡大が期待される形に。

4519  中外薬  8790  +300大幅続伸。前日に第3四半期の決算を発表している。累計のコア営業利益は1711億円で前年同期比65.6%の大幅増益となり、従来の通期予想である1430億円を上回った。つれて、通期予想は2180億円にまで上方修正している。市場コンセンサスの1700億円強の水準も大きく上回る。主力のがん領域製品や血友病A治療薬など国内向け、ロシュ向け輸出、ロイヤリティ等収入が想定を上回る推移となっているもよう。

3064  MRO  3260  +135切り返して大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、7-9月期営業利益は37億円で前年同期比7.6%増益、第1四半期、第2四半期と2ケタの増益であったが、増益率は鈍る形となっている。カタログ関連コストの前倒し計上、宅配業者の値上げ発生などが増益率鈍化の要因に。ただ、製造業向けの軟化に対する警戒感も強まっていたため、底堅い業績推移を確認で、安心感が優勢となる展開になっているもよう。

3405  クラレ  1316  -99急反落。2018年5月に米工場で発生した火災事故に関して、被害者である従業員の一部に対し、約100億円の和解金を支払うことで基本合意と発表している。訴訟費用を含めて7-9月期に140億円を特別損失として計上するもよう。今後、新たな損失が発生する場合は速やかに公表するとしている。今12月期純利益見通しは380億円であり、損失規模の大きさがネガティブ視されている。

7970  信越ポリ  930  +97急騰。前日に上半期決算を発表、営業益は39.2億円で前年同期比3.8%増となった。第1四半期は同0.3%増であった。堅調決算継続を受けて、通期計画の78億円、前期比4.3%減益予想からの上振れ期待なども高まる形に。電子デバイス事業や住生活・生活資材事業が上伸している。また、発行済み株式数の0.55%に当たる45万株を上限とする自社株買いの実施も発表し、目先の需給下支えにつながるとの期待も。

4312  サイバネット  779  +84急騰。前日に12月期通期の業績上方修正を発表。営業利益は従来予想の15.2億円から19.8億円に増額、CAEソリューションサービス、ITソリューションサービスともに好調に推移し、経費も想定以上に抑制されたもよう。第2四半期までの状況から上振れは想定されていたが、業績上振れに伴って期末配当金も従来の7.69円から12.37円に引き上げており、素直にポジティブに捉えられる展開となった。

4286  レッグス  1521  -210急落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は9億円で前年同期比26.7%増益となっている。飲料メーカー顧客・外食顧客向けプレミアム、カフェ・流通顧客向け物販、化粧品メーカー顧客向けVMDなどが好調だった。ただ、上半期は6.7億円で同66.5%の大幅増益であったため、好決算は想定線と捉えられる。7-9月期は同減益に転じる形にもなっており、当面の材料出尽くし感が優勢となっているもよう。

5423  東製鉄  871  +13反発。前日に上半期決算を発表、営業益は77億円で前年同期比7.6%増、会社計画を10億円近く上回った。通期予想は130億円から140億円に上方修正した。ただ、市場予想は170億円程度の水準にあるため、修正幅は物足りないとの見方も強い。一方、発行済み株式数の5.06%に当たる685万株、60億円を上限とする自社株買いの実施を発表、タイミングなど想定外との声も多く、買い材料視。

6071  IBJ  1038  +62急伸。2019年12月期営業益は前期比4割増の21億円程度になりそうだとの観測が伝わった。従来予想の18億円を上回って2年ぶりに最高益を更新する見通し。好採算の結婚相談所の開業支援事業が想定を上回り、婚活パーティー事業の回復も貢献する見込み。第3四半期累計営業利益は前年同期比5割増の16億円程度になったもようとされる。直近高値からの調整も急だったため、押し目買いの契機になった。

8035  東エレク  21880  +545大幅続伸。同社やアドバンテス6857、SCREEN7735など本日は半導体製造装置各社の強い動きが目立っている。米インテルが決算を発表、10-12月期の売上高・利益見通しが市場予想を上回り、時間外取引で上昇する展開に。また、2019年の設備投資計画も160億ドルに引き上げると伝わっており、TSMCに続く投資計画の上方修正で、半導体製造装置業界の業績改善期待は一段と高まる方向へ。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below