November 1, 2019 / 7:21 AM / in 11 days

任天堂、キーエンス、村田製など


6981  村田製  6053  +190大幅反発。前日に第2四半期決算を発表、7-9月期営業利益は588億円で前年同期比35.5%減益、会社計画は50億円強上回る着地となった。通期計画は従来の2200億円から2300億円に上方修正、市場コンセンサスレベルに近づく形となっている。上方修正は想定外との見方もあるほか、新計画には減損約200億円を反映しているほか、円高方向への為替前提変更もあり、実質的な上方修正幅はより大きい状況でもある。

6861  キーエンス  74470  +5650急伸。前日に第2四半期の決算を発表、7-9月期営業利益は726億円で前年同期比12.7%減益、市場予想は20億円程度下回った。全地域で売上が減収となっている。ただ、前四半期比では約10%増となり、営業利益率も51.0%にまで回復するなど、ネガティブな見方は限定的のようだ。加えて、1対2の株式分割、並びに実質増配を発表、株価水準が高いため、分割による流動性向上効果は大きいとの見方にも。

4502  武田薬  4000  +72続伸。前日に上半期の決算を発表。コア営業利益は5416億円となり、通期計画は9100億円から9300億円に上方修正している。売上高は下方修正されたものの、コスト削減計画の前倒しで収益水準は高まったもよう。ノンコア資産や有価証券売却などでバランスシートの改善が進んでいることもポジティブに評価。今月中には日米でR&D説明会を開催、注目新薬の動向に対する期待感も先行へ。

7974  任天堂  41500  +2880急伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は942億円で前年同期比53.4%増益となった。為替差損で経常利益は減益となったものの、営業利益は市場コンセンサスを大きく上回っており、ポジティブに評価される展開へ。「Nintendo Switch」の販売好調が業績上振れの背景、ハード、ソフトともに3割成長となったほか、量産効果による利益率改善も寄与したもよう。本日、決算説明会が予定されている。

8035  東エレク  22245  +170小幅続伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は1025億円で前年同期比41.6%減益、会社側の従来予想850億円を大きく上振れ、市場予想も100億円程度上回っている。ただ、一部製品の売り上げ前倒し計上などが上振れの主因となっており、通期計画は2200億円から2250億円までの上方修正にとどまっている。ポジティブなインパクトは限定的な状況。なお、会社側の市場見通しに関しては従来から変化なし。

6752  パナソニック  980.8  +63.9急伸。前日に第2四半期決算を発表、7-9月期営業益は839億円で前年同期比11.9%減、市場コンセンサスを100億円強上回る着地となった。消費増税前の駆け込み需要などもプラスに寄与したもよう。増税前特需の反動など今後の懸念は残るものの、調整後営業益が前年比増益転換するなど、業績悪化傾向に歯止めが掛かったとの見方が優勢に。昨年以降は株価調整が続いていることもあって、モメンタム変化への期待が先行。

7955  クリナップ  683  +100ストップ高。前日に業績予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は従来の3億円から22億円に、通期では11億円から24.5億円に大幅上方修正。消費税増税前の駆け込み需要による売上高の上振れ、原価低減効果や販管費の削減などが寄与した。第1四半期の好進捗から上振れ期待はあったものの、修正幅の大きさがサプライズにつながる。下半期の計画は保守的との見方も強いようだ。

6879  イマジカG  667  +100ストップ高。前日に上半期の決算を発表、営業損益は2.7億円の黒字となり、前年同期比9.9億円の収益改善となっている。7-9月期は9.6億円の黒字で前年同期比5.8倍の水準となった。映像コンテンツ事業、映像システム事業が大幅増収となって、収益増もけん引した。7-9月期の収益急拡大を受けて、据え置きの通期業績予想達成確度なども高まる形に。

6460  セガサミーHD  1709  +181急騰。前日に上半期決算を発表、営業益は146億円で前年同期比43.0%増、市場予想をやや上回る水準となった。主力の遊戯機事業は低迷も、デジタルゲームの収益が拡大して全体をけん引。また、注目されている新作パチスロ機『北斗の拳 天昇』の受注が想定以上に拡大していること、『交響詩篇エウレカセブン3』も型式試験の適合を受けたもようで、これを期待材料視する動きが強まった。

6632  JVCKW  264  -53急反落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は31.8億円で前年同期比9.4%減益となった。第1四半期は17.7億円で同77.9%増益であったことから、減益転落をネガティブ視する動きが強まっている。オートモーティブの収益悪化などが響いたもよう。会社計画比ではやや良好とされているものの、ドライブレコーダーの拡大期待などが市場では強まっていたため、失望感は強まる形のようだ。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below