December 4, 2019 / 7:08 AM / 11 days ago

ファーストリテ、新光電工、コロプラなど


9983  ファーストリテ  63700  -3500大幅続落。前日に11月の月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比5.5%減となり、3カ月連続のマイナスとなった。客数が同3.3%減少したほか、客単価も同2.3%低下した。商売規模の大きい「感謝祭」に気温が高かったことで、防寒衣料の販売が苦戦したもよう。ここ3カ月で見ても前年比減収率は大きくなっているほか、アダストリア2685やユナイテッドアローズ7606との比較でも減収率は大きい。

3996  サインポスト  2247  +400ストップ高。JR東日本スタートアップとの合弁会社TOUCH TO GOが、JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」構内に、無人AI決済店舗の第1号店となる「TOUCH TO GO」をオープンすると発表した。ウォークスルー型の完全キャッシュレス店舗となり、顧客は商品を持ったら出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いをするだけで買い物ができるようになる。今後の展開の広がりを期待する動きが優勢に。

8923  トーセイ  1450  +117急伸。前日に19年11月期業績の上方修正、並びに配当予想の引き上げを発表しており、好材料視される展開になっている。営業利益は従来予想の121億円から127億円に増額、販売物件の利益率が想定を上回って推移したこと、また、不動産ファンド・コンサルティング事業における期中報酬の増加や収益の底上げ、販管費の下振れなどが背景。期末配当金も従来計画の37円から42円へと引き上げている。

5201  AGC  3870  -140続落。みずほ証券では、目標株価は3600円から4250円に引き上げているものの、投資判断は「買い」から「中立」に格下げしている。株価の大幅な上昇によって、20年12月期の利益好転をおおむね織り込んだと判断しているもよう。また、コア事業の伸び悩みによって、20年12月期の中計値である営業利益1600億円以上の達成は難しいとして、みずほ証券では1260億円と予想しているようだ。

7956  ピジョン  4220  -150大幅続落。引き続き想定以上の業績下方修正をネガティブ視する動きが優勢となっている。大和証券では投資判断を「3」から「4」へ格下げ、目標株価は3940円としている。2大セグメントが想定を大きく下回っていることから会社発表も踏まえる形で業績予想を下方修正、今12月期営業利益は193億円から172億円に、来期は221億円から199億円に減額している。

9627  アインHD  6670  -180続落。前日に上半期決算を発表、営業利益は83.5億円で前年同期比24.1%増益となった。ファーマシー事業における順調な既存店売上などが増益決算の背景に。ただ、従来の会社予想である85億円はやや下振れる着地となっており、ネガティブに捉える動きが優勢となっている。販売単価下落などによってリテール事業の既存店販売が計画を下振れたとみられる。

7554  幸楽苑HD  2087  +68大幅反発。前日発表の11月の既存店売上高は前年同月比11.8%減、客数が同11.4%減となったほか、客単価も同0.4%低下した。ただ、10月の同30.7%減から減収率は縮小した。前日は警戒感から下げが目立っていただけに、過度な懸念が後退した。台風被害を受けた郡山工場の復旧、全店舗通常営業再開により、月後半10日間では前年同期比2.7%増となったもよう。

6564  ミダック  2286  +286急騰。前日に東証1部への指定承認を発表、12月24日に1部市場に指定される。また、1月末を基準に1:1.3の株式分割実施も発表、配当金は据え置きとしており、実質的に増配となる。一方で、最大80万株強の公募・売出実施も発表しているが、自己株売出も含めた株数は最大で発行済み株式数の6.1%にとどまり、希薄化は限定的との見方に。1部昇格によるインデックス買いなどの需給期待が先行へ。

6967  新光電工  1259  +177後場寄りから急騰する展開に。同社のほか、富士通ゼネラル6755、富士通フロンテック6945、FDK6955など、富士通6702の関連会社が軒並み急騰した。日立製作所6501をはじめとして、グループ再編、親子上場解消の動きが全般的に広がっており、富士通グループでも同様の動きが本格化するといった思惑が優勢になっているようだ。再編プレミアム期待などを思惑視する動きに。

3668  コロプラ  1195  -46大幅続落。前日にはいちよし証券がレーティングを「B」から「C」に、フェアバリューも1020円から610円に引き下た。「ドラクエウォーク」の貢献で業績予想は引き上げているものの、株価上昇で割高感が強まったもよう。「ドラクエウォーク」以外の新規タイトルはやや低調で、20年9月期営業利益は前期比2.8倍の予想だが、21年9月期は同11.4%増、22年9月期は同4.9%増と業績伸び悩みを予想。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below