March 6, 2020 / 7:09 AM / a month ago

7&iHD、積水ハウス、タカラバイオなど


1928  積水ハウス  1974.5  -136.0大幅続落。前日に20年1月期の決算を発表、営業利益は2053億円で前期比8.5%増益、会社計画線上での着地となった。戸建・賃貸住宅の落ち込みは想定以上だったが、都市開発事業での物件売却でカバーした。21年1月期は2060億円で同0.4%増益の見通し、2120億円程度の市場予想は下回っている。戸建の落ち込みが市場想定以上となるもよう。自社株買いの実施を発表しているが、下支えにはつながっていない。

3382  7&iHD  3842.0  +214.0大幅続伸。検討していた米「スピードウェイ」の買収を断念したことが分かったと伝わっている。約2兆3500億円とされた買収額で折り合いがつかなかったもよう。米国の店舗拡大を軸にした成長戦略は再構築を迫られることになるが、これまで株式市場では、買収が実現した場合の財務負担を懸念した動きが優勢になっていたため、ポジティブに評価する動きが優勢のようだ。

5341  アサヒ衛陶  417  +80ストップ高。、新型ウイルス感染拡大の影響による同業他社での受注停止や欠品に伴って、トイレや洗面化粧台などの同社商品には想定以上の注文が入っており、新規注文に関しては通常より納品までに時間がかかる状況になっているとリリースしている。短期的な業績面でのプラス寄与、中期的なシェア上昇などが思惑視される動きにもなっているようだ。

4974  タカラBIO  2119  -18反落。引き続き、大阪大学とアンジェス4563などが進める新型ウイルスに対する予防用DNAワクチンの開発に協力すると前日に発表していることが引き続き材料視されている。同社はDNAワクチンの構築・製造を担当する計画となっているもよう。ただ、連日の株価上昇に対する警戒感から大引けにかけて利食い売りが優勢に。一方、アンジェスは連日ストップ高比例配分に。

3031  ラクーンHD  619  -107急落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は5.3億円で前年同期比33.8%増と大幅増益になっているが、上半期も同34.8%増となっており、ポジティブな反応は限定的に。四半期ベースでは、11-1月期は実質的に7四半期ぶりに前四半期比減益ともなっている。フィナンシャル事業において、一時的にデフォルトが増加したことにより売上原価が増加したとしている。

7459  メディパル  1992  -17小幅安。メリルリンチ日本証券では投資判断を「アンダーパフォーム」から「買い」に2段階格上げ、目標株価も2260円から2400円に引き上げたため、全般安となるなかで小幅な下げにとどまった。医薬品/日用雑貨品卸事業に対する景気悪化影響は限定的であり、16年度以来の低水準に落ち込んだバリュエーションには割安感が強いと判断しているもよう。また、今期営業利益上方修正で、会社計画や市場予想を上回ると分析。

5803  フジクラ  308  -20大幅続落。昨年8月の320円を割り込んで昨年来安値を更新。みずほ証券では投資判断「アンダーパフォーム」継続で、目標株価を390円から290円に引き下げている。今期営業利益は会社計画比下振れを見込むほか、来期も、光ファイバやFPCは構造的に厳しい状況にあるため、低位な利益水準にとどまると予想しているもよう。また、来期の年間配当金は3期連続での減配になるとみている。

6418  日金銭  639  -38大幅続落。前日に業績予想の下方修正を発表、営業損益は従来の5.2億円の赤字から10億円の赤字に減額修正。次年度以降の業績回復を目指し、体制の再構築を実施するための費用を計上するとしている。棚卸資産の評価損失として4.5億円を計上するようだ。新型ウイルス拡大による国内外ゲーミング市場の先行き懸念、足元での円高進行などもあって、悪材料出尽くしとは捉えられる状況にないもよう。

1873  日本ハウスHD  327  -47急落。前日に第1四半期決算を発表、営業損益は8.7億円の赤字で、前年同期比2.4億円の赤字拡大となっている。第1四半期は不需要期であり、もともと上半期は同3.4億円の赤字拡大見通しとなっていたため、サプライズは大きくないものの、積水ハウス1928の株価大幅下落などで住宅業界の先行き懸念なども反映される形になっている。なお、住宅事業の受注高は前年同期比6.2%減となっている。

6778  アルチザ  1366  +112急伸。前日に上半期決算を発表、営業損益は2.6億円の黒字で前年同期比6.6億円の収益改善となっている。第1四半期は1.1億円の改善にとどまっていたため、想定以上とも受け止められているようだ。移動体通信関連、IPネットワークっソリューションの売上が大幅に増加している。また、同時にノキアから5G向けテストシステムを受注とも発表、計画には織り込み済みとしているが、プラス材料とも捉えられる。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below