for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱UFJ、電通グループ、内田洋行など


8848  レオパレス21  236  -37急落。20年3月期最終損益は700億円を超える赤字だったもようとの観測が伝わった。従来予想は304億円の赤字であった。建築基準法に適合しないアパートを施工していた問題で空室が増加し、補修工事に要する費用も膨らんでいるようだ。また、全体の15%強に当たる1000人規模の希望退職者を募ることが分かったともされている。財務状況の悪化を警戒した売りが優勢に。

8057  内田洋行  7060  +1000ストップ高。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は82.8億円で前年同期比2.3倍となり、通期予想は従来の58億円から65億円に上方修正している。Windows10更新需要や軽減税率制度対応需要、大型案件などの一巡が想定されたものの、ICT関連や環境構築関連ビジネスは想定以上に高水準の推移が続いているようだ。なお、新型コロナの影響による一部納入延伸なども見込んでいるもよう。

9412  スカパーJ  452  +21大幅反発。前日に業績予想の修正、並びに、25日に決算発表を行うことを発表している。営業利益は従来予想の150億円から153億円に上方修正、微増益となる見通し。メディア事業の加入者減で営業収益は減少するものの、技術関連費用や経費が減少したようだ。21年3月期業績見通しに関しては、視聴料関連収入は減少予想だが、宇宙事業では「JCSAT-17」サービス開始が売上に貢献と見込んでいる。

2267  ヤクルト  6890  +320大幅反発。野村証券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価も5800円から8100円にまで引き上げている。海外では、中期的にヤクルト製品が浸透していくとの見方に変化ないなか、国内に関しては、高付加価値戦略の効果による単価上昇で収益が拡大していくとの見方に改めているもよう。22年3月期以降は力強い利益成長に移行し、24年3月期営業利益は625億円に達すると予想している。

2148  ITM  1364  +211大幅反発。いちよし証券ではレーティング「A」継続で、フェアバリューを1300円から1600円に引き上げている。新型コロナウイルス対策をきっかけに企業活動のオンラインシフトが進むなか、同社のバーチャルイベントやリードジェンなどのデジタルマーケティングソリューションの需要は、今後さらに強まる可能性が高いと指摘している。今期以降も2割以上の営業利益成長を続けると予想している。

8306  三菱UFJ  450.9  +6.3大幅続伸。大和証券では投資判断を「3」から「2」に、目標株価も450円から500円に引き上げた。20年度収益目標からは、新型コロナに伴う与信費用拡大は期間利益で十分カバーされ、来年度以降も含めて減配懸念は非常に小さいことが明らかになったとみている。一方、バリュエーションは、赤字、減配を余儀なくされた「リーマン危機」時との比較でも低位にあるほか、22年度からは再度増配トレンド入りも想定している。

9966  藤久  1073  +150ストップ高。前日に発表した20年6月期業績予想の上方修正がポジティブなサプライズにつながっている。営業損益は従来予想の10.2億円の赤字から一転、5.3億円の黒字に上方修正。新型コロナウイルス感染拡大の影響によって手作りマスクの需要が増加するなど、マスク関連商材及びミシンの売上が大幅に増加したことが業績上振れの要因となっているようだ。

3172  ティーライフ  1135  -65大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は3.4億円、前年同期比72.2%増と大幅増益になった。上半期の同42.2%増から一段と増益率は拡大している。巣ごもり消費増により、美容系アプリなどEC販売が好調であった。ただ、業績上振れ期待から5月中旬より上昇幅を広げる展開になっており、短期的な出尽くし感と捉えられる形から利食い売りが優勢になっているもよう。

4324  電通グループ  3035  -95大幅反落。来年夏の東京五輪について、政府と大会組織委員会では開催方式の簡素化を選択肢の一つとして検討していることがわかったと一部で伝わった。完全な形での開催を引き続き目指しつつも、観客数の削減、開閉会式での参加者の絞り込み、セレモニー縮小も検討されるもようで、五輪関連の広告需要の減退が懸念される展開に。一方、中止回避を最優先との見方がプラス視される形で、アシックス7936などは買い優勢に。

6902  デンソー  4304  +2ほぼ横ばい。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に、目標株価も4500円から4200円に引き下げた。足元で株価は回復に転じているが、トヨタ外の数量回復には遅延リスクがあり、高収益のASEANも回復の遅れが懸念と分析する。電動車両や自動運転などの将来投資は競争力の源泉だけに圧縮は難しいともみている。ただ、全般高もあり、次第に押し目買いが入る。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up