June 16, 2020 / 7:04 AM / 20 days ago

パーク24、商船三井、ヤマハ発など


4666  パーク24  1823  -161急落。前日に上半期の決算を発表、営業損益は12億円の赤字となった。11-1月期51億円の黒字に対して、2-4月期は63億円の赤字に。つれて、通期予想は従来の267億円の黒字から242億円の赤字に下方修正、新型コロナの影響によって、駐車場やカーシェアの利用が大幅に減少しているもよう。財務基盤安定化のため、今期配当計画も70円から無配としている。想定以上の大幅な業績悪化をマイナス視する動きに。



3856  エーバランス  722  +100ストップ高。グループ企業の日本光触媒センターが、新事業「光触媒ライフ」を展開するとともに、FCフランチャイズ加盟、代理店募集を合わせて開始すると発表している。「光触媒ライフ」は、光触媒の抗菌・抗ウイルス効果への社会的期待の高まりを受け、今後の量産化や販路拡大を見据えて立上げる「感染症対策」事業となる。光触媒を噴霧して抗菌、抗ウイルス、抗カビ、抗臭状態を生成させていくもの。



2931  ユーグレナ  837  +75急反発。リバネスと、新型コロナウイルスの原因であるSARS-CoV-2に対する抗体を検査対象者が持っているかの有無を判別する検査系を共同開発していくと発表した。東京理科大学教授の技術指導のもと開発に着手し、サンプル203検体を用いた試験から、陽性者を判別できるレベルで抗体検査ができることを確認したとしている。今後の需要拡大が期待できるほか、バイオ分野への展開の一段の広がりを評価する流れにも。



2593  伊藤園  6090  +30小幅反発。前日に20年4月期の決算を発表、営業利益は199億円で前期比12.6%減益だが、すでに下方修正を発表済み。一方、21年4月期は200億円で同0.3%増とほぼ横ばい見通し。コンセンサスは下回っているものの、増益見通しを示したことで安心感も生じているもよう。第1四半期はコロナのマイナス影響が残るとみているようだ。通期では、のれん償却の一巡により米国セグメントの増加を見込んでいる。



7272  ヤマハ発  1726  +157急反発。メリルリンチ日本証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価を2220円としている。20年12月期は業績の大幅悪化でサイクルの底となるが、市場の焦点は今後21年以降の業績回復度合いへ移っていくとみられる。こうしたなか、主力の北米船外機が20年12月期大幅減少の後に循環的な回復局面入りとなるため、21年12月期の業績回復を牽引すると見込んでいるようだ。



6721  ウインテスト  170  -7大幅続落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業損益は5億円の赤字となり、前年同期比2.7億円の損益悪化となった。通期予想は従来1.6億円の黒字であったが、今回は未定に修正している、新型コロナウイルスの影響により顧客の出荷後倒し要請などもあることから、一部装置の出荷検収に月ずれも発生しているようだ。目先の収益回復期待は一段と後退する状況に。



4917  マンダム  2077  +75大幅反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を2400円から2700円に引き上げた。外出自粛が解除された7月以降の日本事業回復は相対的に見えやすく、株価は再評価されると考えているもよう。7月以降は同業他社に比べてハードルが低く、今年の暑い夏はポジティブだとしている。なお、会社側非開示の21年3月期営業利益は41億円で前期比31.3%減益と予想。



9104  商船三井  2019  +183急反発。本日は海運セクターが業種別上昇率の上位になった。バルチック海運指数は6月に入ってから上昇ペースを加速させており、5月末の504ポイントから、現在では1000ポイントが接近する状況となっている。また、野村證券では同社の投資判断「バイ」を継続し、目標株価を2600円としている。現在のPBRは歴史的にも低水準、慎重な会社計画を上回る業績進捗が確認されることで、株価は再評価されるとみている。



4998  フマキラー  1847  +72大幅反発。野村證券では投資判断「バイ」継続で、目標株価を1580円から2300円にまで引き上げている。前第4四半期は国内で手掛ける除菌製品の販売が想定以上に拡大しており、21年3月期は通年での寄与が見込まれるとしている。また、殺虫剤事業についても、足元の気温上昇で、冷夏による害虫発生の低下など天候リスクも小さいと考えているようだ。21年3月期は前期比32%増益となる営業利益23.5億円を予想。



4183  三井化学  2432  +136大幅反発。アジアの石化市況は順調に回復し、スプレッドの改善品目も増加していることから、モルガン・スタンレーMUFG証券では総合化学セクターの業界判断「オーバーウェイト」を継続、ファンダメンタルズは思ったほど悪くないとして、押し目買いの好機と判断する。なかでも、中長期で成長が期待できる製品を数多く保有していることから、同社をトップピックと評価。目標株価を2500円から2900円に引き上げた。


《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below