for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SHIFT、良品計画、7&iHDなど


3697  SHIFT  18000  +1930急騰。前日に20年8月期の決算を発表、営業利益は23.5億円で前期比52.8%増益となった。危険手当支給などがあったものの、従来計画の24億円に沿った着地となっている。一方、21年8月期は34億円で同44.5%増益の見通し、増益率は市場の期待値も上回るものとなっている。8月以降は稼働率が回復基調となっており、営業活動強化によって新規顧客開拓なども進んでいるもよう。

7453  良品計画  1981  +188急騰。前日に6カ月の変則決算となる20年8月期の決算を発表、営業利益は8.7億円となり、従来予想の20億円の赤字を大きく上振れる着地となった。また、21年8月期は492億円を計画、市場予想は330億円程度であったため、想定以上の収益回復を見込む形に。足元の国内既存店の堅調推移に伴う粗利率の大幅な改善、東アジアの伸長などを想定しているようだ。

3382  7&iHD  3542.0  +156.0大幅反発。前日に上半期決算を発表、営業利益は1797億円で前年同期比12.4%減、従来計画の1640億円を上回る着地となった。また、通期予想は従来の3220億円から3400億円、前期比19.9%減に上方修正した。海外コンビニ、スーパー、金融関連セグメントなどの想定を引き上げているもよう。上方修正値は、ほぼ上半期の上振れ分のみを反映したものであり、さらなる回復ペースの加速も見込まれる状況に。

4114  日触媒  5650  -470急落。前日に業績予想の下方修正を発表。上半期営業損益は従来の15億円の黒字から18億円の赤字に、通期では70億円から10億円に減額した。自動車や建築・建材向け製品の需要回復が進まず、工業用界面活性剤向け製品も需要が落ち込んでいるもよう。紙おむつ向け製品では仮需の反動も見られているようだ。原料価格の想定以上の上昇なども響く。市場コンセンサスは会社計画上振れであったため、業績悪化は想定以上に。

4186  東応化  5850  +230大幅続伸。野村證券では投資判断「ニュートラル」を据え置いているものの、目標株価は3700円から6200円にまで大幅に引き上げている。半導体材料業界の中でも高い中期成長を予想しているようだ。競争力を持っているKrF、ArF、EUVレジストの販売が好調に推移しており、今期以降の業績予想を上方修正、21年12月期営業利益は従来の129億円から176億円に増額している。

3469  デュアルタップ  667  +100ストップ高。前日にもストップ高となっていた。7日に提出された大量保有報告書によると、不動産売買などを手掛けるシーラHDの株式保有比率が5.01%となり、新たに5%を超えたことが判明している。今後のさらなる買い増しなど、需給期待が高まる展開になっているようだ。また、シーラHDの保有目的は純投資とされているが、M&Aなどへの発展思惑なども先行しているとみられる。

4187  大有機化  2546  +189急伸。同社開発の光配向材料が、有機ELフレキシブルディスプレイに用いられる薄型積層フィルムの原材料として採用され、量産・販売を開始したと発表している。この材料で製造されたフィルムは、厚みを従来の約50分の1程度にまで薄くでき、折り曲げによる光学特性の変化などを抑制することが可能となるもよう。フレキシブルディスプレイ市場の中期的な拡大期待が高い中、活躍余地の広がりが期待できる状況に。

3681  ブイキューブ  2099  +161急伸。駅やオフィスビルなどに置かれた防音個室の仕事ブースが大増殖と報じられており、買い手掛かり材料につながっている。JR東日本9020では先に、30カ所まで増えているシェアオフィスを1年以内に100カ所にまで拡大し、25年度までに全国1000カ所を目指すと明らかにしているが、JR東日本に対してワークブースをOEM供給しているのが同社であると紹介されている。

6264  マルマエ  938  -103急落。前日に、21年8月期通期の営業益予想が前年同期比13.0%減の7.80億円と発表。FPD分野では、好調を維持したG10.5液晶パネル向け投資が20年10月で終息し、翌21年6月までは案件が無いこと、中小型のOLED向け投資もスマートフォンの低迷から落ち込むと見込む。設備投資については、9億円強を想定しているもよう。なお、20年8月期の営業益は前年同期比80.8%増の8.96億円だった。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up