for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東亜石、ツバキナカシマ、三協立山など


3391  ツルハHD  15270  -780大幅続落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は280億円で前年同期比17.8%増益となっている。従来予想の215.5億円を上回る着地となったが、第1四半期の状況からは想定内の上振れとみられる。一方、通期予想は従来の452億円から490億円に上方修正しているが、上期の上振れ分を考慮すると実質下半期は下方修正の形に。保守的な計画との見方もあるが、モメンタムの鈍化を警戒視する流れとなっているもよう。

2491  Vコマース  3380  -220大幅続落。前日に20年12月期の業績修正を発表。売上高は従来予想をやや下振れるが、営業利益は同55億円から61億円、前期比22.8%増に上方修正した。EC需要増加により、ヤフーが運営するオンラインモールストア向けサービスが好調に推移しているようだ。年間配当金も従来の34円から41円に引き上げた。ただ、第3四半期までの増益率が27.0%増であったことから、上方修正は想定の範囲内と受けとめられた。

5932  三協立山  859  +84大幅反発。前日に上半期と通期の業績予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は従来予想の3億円から19億円に、通期も同様に3億円から19億円に上方修正している。国内外の自動車販売が想定以上の回復となっていること、小売業の人手不足に対する店舗の省力化・省人化投資が進んだことなどが業績上振れの背景に。修正幅の大きさがインパクトにつながっているもよう。

5008  東亜石  2397  +400ストップ高比例配分。50.12%の株式を所有する親会社の出光興産5019が、完全子会社化を目的としてTOBを実施すると発表した。TOB価格は2450円で前日終値に対して22.7%のプレミアムとなっている。同社ではTOBに対して賛同の意を表明しており、TOB価格に完全サヤ寄せを目指す動きとなっている。なお、TOB後の一連の手続きによって、同社株は上場廃止となる可能性が高い。

6770  アルプスアル  1380  +92大幅続伸。岡三証券では投資判断を「中立」から「強気」に、目標株価も1550円から1650円に引き上げた。電子部品セクター内で相対的に軟調な株価動向から、スマホ向けカメラモジュール用アクチュエータの生産性低下などは一定水準織り込まれたと指摘。今後は生産性改善などによる利益貢献を織り込む局面に入ると分析している。今期営業利益140億円予想に対して、来期は335億円までの拡大を見込んでいる。

6752  パナソニック  1190  +29大幅反発。野村證券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に、目標株価も1100円から1600円にまで引き上げた。11月に新体制を発表、白物家電など競争力のある事業を新パナソニック社に集結する。これによるコア事業の定義付けが進んだことを評価、成長戦略が明確化するとしている。また、住宅やオフィスビルのスマート化・省エネ化は、新パナソニック社の業績拡大にとって追い風になるとも指摘している。

6464  ツバキナカシマ  1113  +150ストップ高。前日に業績予想の上方修正を発表。通期営業利益は従来の26億円から35億円に上方修正、各市場において需要回復が想定以上に進んでいることを上振れの背景としている。また、期末配当金も従来の5円から12円に引き上げ、年間配当金は前期比59円減配となる22円としている。第3四半期までの進捗率から上振れ期待はあったようだが、増配実施も先行きの自信の表れと捉えられ、ポジティブな評価が優勢に。

4666  パーク24  1881  +175大幅反発。前日に20年10月期決算を発表。営業損益は147億円の赤字、新型コロナの影響による稼働率の低下が響いたが、市場予想ほどの赤字幅は広がらなかった。一方、21年10月期は135億円の黒字に転じる見通し。市場予想は20億円ほど下回るが、5円の復配計画としていることで、過度な先行き懸念が後退する展開に。また、500億円の劣後ローンによる資金調達を発表、ファイナンスリスクの後退にもつながった。

7944  ローランド  2920本日東証1部に新規上場、公開価格の3100円を4.7%下回る2954円で初値を付け、その後もやや売りが優勢となった。同社は2014年に米投資ファンドの出資を受けてMBOを実施、上場廃止となって本日は再上場の形に。2020年のIPOでは、時価総額は雪国まいたけに次ぐ高水準。上場に際して投資ファンドが約4割の株式を売り出すなど市場からの資金吸収額が大きく、短期的な需給面での警戒感が強いようだ。
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up