for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大有機化、長野計器、リードなど


9104  商船三井  4075  +220大幅反発。前週末に通期経常利益計画の上方修正を発表。従来予想は950億円としていたが、今回は約1200億円になる見通し。持分法適用会社であるONEの業績が、旺盛な輸送需要と堅調な運賃市況を背景に前提を大きく上回ったもよう。先に川崎汽船が上方修正しており、上振れは想定線とみられるものの、本日は大手海運株が総じて買い優勢となっていることから、ストレートにポジティブな反応をみせた。

6474  不二越  4740  -180大幅反落。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は24.2億円で前年同期比5.8%増益となっている。上半期計画34億円に対する進捗率は71%と順調な進捗になっているが、会社側の業績計画は保守的とみられているため、ポジティブな反応は限定的にとどまっている。株価も比較的高値圏にあるため、出尽くし感からの利食い売りが優勢となっているようだ。

9369  キユソ流通  1634  -85大幅反落。先週末に発表した第1四半期決算がネガティブ視されている。営業利益は3.2億円で前年同期比43.8%減と大幅減益に。通期計画は38億円で前期比46.1%の大幅増益となっており、予想外の低調スタートの形になっている。業務用食品を中心とした出荷物量の減少で共同物流事業、専用物流事業ともに減収となったほか、事業拡大に伴う費用の増加なども収益悪化の背景のもよう。

6982  リード  888  +150ストップ高比例配分。アニールレスに関する特許の出願を先週末に発表している。樹脂材料PP主材とマスターバッチを混合し射出成型して成形体を得ることで、寸法変化を防ぐためのアニール処理を行わず、自動車用外装部品の寸法変化を抑えることが可能になるとしている。部品費の削減による価格競争力の向上、環境配慮工程の実現などにつながることで、今後の採用拡大が期待される形になっているもよう。

2471  エスプール  1082  -54大幅反落。先週末に第1四半期決算を発表、経常利益は3.8億円で前年同期比2.0%減益となった。上半期、通期ともに2ケタの増益予想であり、想定以上の伸び悩みと評価されているもよう。障がい者雇用支援サービスの農園4施設の開設準備にともなう先行費用計上などもあり、会社側ではほぼ計画通りのスタートとしている。ただ、成長期待の高い銘柄であり、ネガティブな反応が先行する形になっている。

3228  三栄建築  1951  +151大幅続伸。先週末に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の31億円から40億円、前年同期比34.2%増に増額。戸建分譲事業において、コロナ禍による住宅需要の高まりから販売が好調に推移したもよう。第1四半期実績では同17.7%増にとどまっていたため、想定以上の上方修正と受けとめられている。据え置きの通期予想に関しても上振れを織り込む動きとみられる。

7715  長野計器  1105  +92大幅続伸。新開発した圧力センサがトヨタの燃料電池自動車「MIRAI」に採用されたと発表している。同圧力センサは超高圧状態で蓄圧された水素圧力をはじめ、性能上重要なスタックに供給する水素圧力の監視用途としての機能を担っているもよう。また、今後の燃料電池自動車の普及に対応するため、生産能力も強化していくとしている。水素関連銘柄としての高い位置づけが改めて認識される状況となっているもよう。

4187  大有機化  4465  +545急伸。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は15.3億円で前年同期比36.9%増益、上半期計画は22.6億円で同5.1%減益であり、想定以上の好進捗と捉えられている。テレワークやリモート授業などによるディスプレイの需要が好調に推移し、主力の電子材料事業が大幅増益となったほか、化成品事業や機能化学品事業なども3割超のセグメント増益となっている。業績上振れを織り込む動きが強まっているようだ。

2685  アダストリア  2050  +63大幅高。先週末に3月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比17.8%増、5か月ぶりのプラス転換、19年5月以来の2ケタ増になっている。客数が同12.0%増加したほか、客単価も同5.2%上昇している。緊急事態宣言の解除に伴う客数の回復で、春物商品が順調に売上を伸ばした。前年同月の落ち込みが大きかっただけに想定内の回復ではあるが、目先の安心感が先行する状況となっている。

9519  レノバ  3280  -320大幅続落。SMBC日興証券では投資判断は「1」から「2」に格下げした。昨年年9月末から今年3月末まで株価は3.3 倍となり、足元の株価はすでに2030年頃までの成長を織り込んでいると分析。なお、天候不良による太陽光発電の売電量見通し引き下げなどで21年3月期EBITDAは減額しているものの、22年3月期は苅田バイオマスの連結化で従来予想を引き上げており、目標株価は1640円から3300円に。




《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up