for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エムケー精工、JESHD、ユーグレナなど


4661  OLC  20055  +370続伸。昨年11月以来の2万円台回復。SMBC日興証券では3月末の日経平均定期入替予想を行っており、日本航空、ルネサスとともに同社を新規採用候補としている。予想買いフローは2322.6億円でインパクトは16.5日分と試算しており、相対的に買いインパクトは強まるとみている。なお、リバランスは3月31日と見込まれ、結果公表は3月上旬になると想定している。

3038  神戸物産  3820  -5反落。前日に12月の単体月次速報を公表している。営業利益は21億円で前年同月比15%減益、値上げによる単価上昇で売上は好調に推移しているが、円安や原材料費上昇の影響が厳しいもようで粗利益率が低下のもよう。また、急速な円高に伴って、経常利益は同92%の大幅減益になっている。株価も高値圏にある中で、見切り売り優勢の流れにつながっている。

5201  AGC  4615  +145大幅反発。22年12月期営業利益が前期比1割減の1900億円前後になったもようとの観測報道が伝わっている。第3四半期決算時に下方修正した会社予想並みの水準であり、1940億円程度の市場予想は小幅に下回るようだ。塩化ビニールなど化学品の市況が下期に悪化し、自動車や液晶向けガラスも原材料高が響いている。一方、23年12月期は増益に転じる見通しともされており、業績底打ちを意識する流れが強まる形に。

1801  大成建  4290  +190大幅反発。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「アンダーウェイト」から「オーバーウェイト」に、目標株価も3300円から4730円に引き上げた。建設株はこれまで粗利率の低下が続いてきたが、今後は製造業の国内回帰などを背景に上昇に転じると予想、業界投資判断を「アトラクティブ」に格上げ。同社は相対的にも底堅い建築工事粗利益率が期待しやすいと分析。同証券では清水建設、鹿島も格上げした。

6755  富士通ゼ  3595  +30続伸。富士通が同社の売却手続きを開始し、本日一次入札が行われることが分かったと報じられている。入札には複数のプライベートエクイティや戦略的投資家が関心を示す見込みともされている。富士通の保有株売却方針は昨年10月に伝わり、今月11日には早期売却の意向も伝わっていた。サプライズはないものの、売却に向けた順調な進展が確認されたことで、あらためてプレミアムへの期待が高まる方向に。

9519  レノバ  2343  -67大幅続落。野村證券では投資判断「ニュートラル」継続で、目標株価を3140円から2540円に引き下げている。相当程度ヘッジ済みであることから、円高が業績に与える影響は短期的に軽微としている。ただ、プレミアム率を引き下げたことが目標株価引き下げの背景に。洋上風力での収益拡大が当面見込めない点や、金利上昇による今後のプロジェクトの収益性悪化懸念などを考慮しているようだ。

6544  JESHD  1742  +111大幅続伸。SMBC日興証券では投資判断を「1」、目標株価を2500円として新規にカバレッジを開始した。株価は調整局面を迎えているものの、今後5年間の保守契約台数オーガニック成長率予想は年平均13.2%と成長トレンドに陰りはないとみており、今後もリニューアル業務の貢献で高成長の維持が期待できると分析する。今後半導体不足の解消で保守契約台数の増加による増収が反映されれば、カタリストになると。

2931  ユーグレナ  998  +58大幅続伸。新株とCBの発行で計約78億円を調達と発表。CBは48億円分を発行、マツダが28億円、第一生命が20億円を引き受け。また、新株は丸井グループが約20億円、ロート製薬が約10億円を引き受ける。マツダとはすでに連携関係にあり、CB転換後は出資比率が2.46%となる。丸井グループ、ロート製薬とは新たに業務提携を行う。調達資金はマレーシアで建設を予定するバイオ燃料の製造プラントの関連資金に。

5906  エムケー精工  399  +52急騰。23年3月期純利益は8.5億円前後と16年ぶりに最高益を更新する見通しとの観測報道が伝わっている。前期比では50%増となり、従来予想の6億円も大幅に上回る形に。ガソリンスタンドの設備投資を国が支援する事業が追い風となり、主力製品の洗車機の受注が増加しているもよう。部品の調達費用の値上がり幅も想定を下回ったようだ。上半期までの状況からも、大幅な上振れはサプライズと捉えられている。

5341  アサヒ衛陶  608  -13大幅反落。前日に22年11月期決算を発表、営業損益は1.9億円の赤字で前期比1.8億円の損益悪化、13日の下方修正水準で着地した。一方、23年11月期は0.7億円の黒字に転換すると見込むが、下方修正後の株価推移からも今年度の改善期待は十分に織り込まれていたとみられ、特段のサプライズにはつながっていない。Oakキャピとの包括的業務提携も発表しているが、決算を受けての出尽くし感が強い状況に。
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up