Reuters logo
米国ダウは「史上最高値」更新、日経は年初来高値更新
2016年11月27日 / 23:11 / 1年後

米国ダウは「史上最高値」更新、日経は年初来高値更新


*08:05JST 米国ダウは「史上最高値」更新、日経は年初来高値更新
先週は米国株式市場でダウ指数が「史上最高値」を更新、日経平均株価も米国に連動するように年初来高値を更新した。
 このような状況になっているのは、米大統領選前はトランプ氏が大統領になることは「トランプ・リスク」と呼ばれリスク回避の原因になっていたものが、大統領選後は一転、次期トランプ大統領が実施するであろう政策に期待が集まり、「トランプ・ラリー」が巻き起こっていることが一因であることは確かだ。
 しかし、「史上最高値」や「年初来高値」まで上昇しているのはそれだけが原因ではない。世界経済のファンダメンタルズは思った以上に堅調であるということが背景にある。米国は各種指標が良好で12月の利上げがほぼ確実視されている。さらに利上げが加速する可能性も指摘されるほどだ。その他、中国や欧州の経済指標も現時点ではやや回復基調を示している。
 今年の株式市場は年初から中国ショックや、ブレグジット(英国のEU離脱)、とどめに米大統領選と何度もショックに見舞われ、その度に世界経済が崩壊するかのような言説も飛び交ったが、ファンダメンタルズには結局のところ大きな影響はなかったといえよう。
 今回のトランプ当選時にもドル円100円割れ、日経平均株価15000円割れを予想するアナリスト等も多かったが、結果的に上記の株価暴落時は絶好の買い場だったと言うことができる。
 今後も様々な「◯◯ショック」や「◯◯リスク」が派手な見出しとともに取り沙汰されるであろうが、当然ながら世界経済のファンダメンタルズに本当に(即時かつ重大な)影響を与えるものなのかよく見極めることが必要である。
《YU》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below