Reuters logo
100日計画の策定で米中両国は合意したが・・・
2017年4月10日 / 06:05 / 7ヶ月後

100日計画の策定で米中両国は合意したが・・・


*15:04JST 100日計画の策定で米中両国は合意したが・・・
 先週6日-7日に行われた米中首脳会談では、双方が二国間関係の進展への期待を表明したが、具体的な課題の進展はなかったようだ。首脳会談後にティラーソン国務長官は記者会見を行い、「両首脳は北朝鮮の核・ミサイル問題について深刻な段階に達しているとの認識で一致し、国連制裁の完全履行を確認した」と伝えている。報道によると、米政府当局者は制裁を履行しない場合は北朝鮮と取引がある中国企業を制裁対象にする意向を伝達したもようだ。

 なお、今回の米中首脳会談では、米国の対中貿易赤字を削減するための「100日計画」を立て、削減に取り組むことで一致した。短期間で貿易赤字を減らすことは難しいが、「100日計画」の策定について米中両国が合意していることから、米国財務省は4月中に提出予定の半期為替報告書で中国を為替操作国に認定しないとみられる。

 ただし、対米貿易黒字の大きさを考慮して日本、中国などを引き続き「監視リスト」に指定する可能性は高いと予想されており、円安誘導とみなされる金融政策の導入は一段と難しくなりそうだ。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below