Reuters logo
欧米の金融緩和策縮小で何が起きるのか?
2017年6月28日 / 06:49 / 5ヶ月後

欧米の金融緩和策縮小で何が起きるのか?


*15:40JST 欧米の金融緩和策縮小で何が起きるのか?
 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は27日、「ユーロ圏の景気回復が強まっている兆候があり、デフレ圧力はリフレに変わった」、「インフレを抑制している要因は主に一時的なもの」との見方を示したことから、同日の欧米市場で主要通貨に対するユーロ買いが活発となりました。28日の東京市場でユーロ・ドルは昨年8月以来となる1.1355ドルまで上昇、ユーロ・円は昨年4月上旬以来となる127円41銭まで買われています。

 ドラギ総裁は「インフレ基調が持続的・自律的になるためには、かなりの金融緩和がなお必要」と指摘していますが、ECBの債券購入プログラムは今年後半以降に微調整されるかもしれません(減額調整)。2018年以降は大幅に縮小される可能性があることから、ユーロ圏諸国の債券利回りは総じて上昇し、欧州諸国の株式相場は圧迫されるおそれがあります。

 米国(FRB)と欧州(ECB)が金融緩和の解除を進めた場合、欧米諸国や新興国の株式市場は打撃を受けることになりそうです。日本銀行が現行の金融緩和策を維持しても世界の金融市場が安定する保証はなく、為替の動きは予測困難になりそうです。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below