Reuters logo
金利上昇は世界的な現象か?
2017年7月11日 / 00:53 / 4ヶ月後

金利上昇は世界的な現象か?


*09:48JST 金利上昇は世界的な現象か?
 市場関係者の間では米国を含めた主要国の金利上昇に対する警戒感が広がっているようだ。世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツのレイ・ダリオ会長は6日付けのレポートで「中央銀行が景気刺激措置を繰り出す時代は終わる」との見方を示した。

 米ブラックロックのアジアクレジット責任者ニーラジ・セス氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「世界的な債券ニーズや、日銀にまだ金融政策に関して動きがないことを踏まえると、債券が大きく売られるようになるとは思わない」との見方を示しているが、同氏は欧州中央銀行(ECB)の行動(緩和策縮小)は米国と比べてインパクトが大きくなると指摘している。

 市場関係者の多くは、今週行われるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言内容は、米金利見通しに関する有力な手掛かり材料になると期待している。ただし、何らかの事情で欧州、日本の金融緩和策が市場関係者の想定を上回るペースで縮小した場合、米金利見通しに大きな影響を与える可能性は高いとみられており、市場関係者の間からは「レイ・ダリオ会長の見解を軽視することはできない」との声が聞かれている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below