Reuters logo
米政権運営に対する先行き不透明感残る
2017年8月25日 / 00:20 / 1ヶ月前

米政権運営に対する先行き不透明感残る


*09:11JST 米政権運営に対する先行き不透明感残る
 米長期金利の上昇を眺め、ドル買い・円売り基調が継続している。ただ、イエレンFRB議長とECBのドラギ総裁の講演を控え、今後の金融政策の動向を占う上で注視されておりポジションがとりづらいもよう。このため、109円台半ばで小動きに推移することが予想される。

 また、市場ではトランプ米大統領の発言めぐる政権運営の先行き懸念が払しょくされず、ドルを買う積極的な動きは控えられているもよう。トランプ米大統領はツィッター上で債務上限引き上げをめぐる問題について、マコネル上院院内総務とライアン下院議長を名指しで批判。

 一方で、ライアン下院議長はトランプ米大統領による政府機関閉鎖の発言について懸念を表明している。また、マコネル上院院内総務も医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の頓挫により、トランプ米大統領との関係が悪化しているとの見方が広がっており、今後の政権運営に対する先行き不透明感が強まっている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below