Reuters logo
ドル・円相場の反発を抑える諸要因
2017年10月16日 / 07:35 / 1ヶ月前

ドル・円相場の反発を抑える諸要因


*15:46JST ドル・円相場の反発を抑える諸要因
 日米の株高は続いているものの、米長期金利の低下や予想を下回った米インフレ指標を背景にドル・円の上値はやや重くなっています。北朝鮮情勢をめぐる地政学的リスクが除去されていないこともドル・円相場の反発を抑えているとの見方が多いようです。

 先週13日発表された9月の米小売売上高や米消費者物価指数は市場予想を下回る内容となったことから、市場関係者の間では来年以降の米追加利上げペースが鈍化するとの思惑が広がっています。12月追加利上げは既定路線としても、2018年における利上げペースを予想することは難しくなりました。

 北朝鮮情勢については、異なる二つの情報が流れています。韓国紙は14日、「北朝鮮がミサイルを積んだ移動式発射台が格納庫から出た」と報じており、専門家の間では「16日に開始される米韓演習への対抗措置として、北朝鮮は弾道ミサイルを発射するのではないか」との警戒感が広がっています。

 一方でトランプ大統領(米国政府)は11月にアジアを訪問するタイミングで北朝鮮を秘密裏に訪問し、金正恩氏との首脳会談を行なうことを模索しているとの噂も。仲介役にヘンリー・キッシンジャー氏の名前も挙がっているもようです。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below