Reuters logo
米金利見通し、パウエル氏の公聴会での発言内容が有力な手掛かり材料に
2017年11月28日 / 06:35 / 14日前

米金利見通し、パウエル氏の公聴会での発言内容が有力な手掛かり材料に


*15:32JST 米金利見通し、パウエル氏の公聴会での発言内容が有力な手掛かり材料に
 報道によると、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長候補であるパウエル理事は28日に開かれる上院での承認公聴会で、新たな経済危機には断固として対応する方針を語るもようだ。公聴会での発言の準備原稿の内容が公表されており、それによると「FRBの政策を景気動向に応じて調整するには柔軟性を保たなければならない」、「米国の金融安定性と経済的繁栄への新たな予想外の脅威に対し、FRBは適切な力をもって断固として対応する準備を進めておく必要がある」と指摘している。

 市場関係者の間からは、「パウエル氏は議長として現行の金融政策の枠組みを維持するだろう」との声が聞かれている。公聴会での同氏の発言内容に市場が反応する場面もありそうだが、現時点でインフレ加速の兆しは表れていないことから、一部の市場関係者は「インフレ見通しについてやや弱気な見解が示されるのではないか?」と想定しており、その場合はリスク回避的なドル売り・円買いがやや強まる可能性があるとみられている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below