December 17, 2017 / 10:20 PM / 6 months ago

米利上げ継続下で2%レベルのインフレ達成は容易ではない


*07:15JST 米利上げ継続下で2%レベルのインフレ達成は容易ではない
 今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合では、投票メンバー9人のうち7人が賛成、2人が反対(現状維持を主張)した。全会一致の利上げでなかったことは想定内かもしれないが、2018年における利上げペースは前回同様3回としたことについては、「やや意外だった」との声が聞かれている。市場関係者の一部は年4回の利上げを想定していたようだ。

 FOMCの声明では、「米経済は労働市場や消費、設備投資が改善を続けており、着実に拡大している」との見解が表明された。減税などの効果を考慮して、2018年の経済見通し(国内総生産の成長率)を従来の年2.1%から2.5%に上方修正し、失業率は4.1%から3.9%に変更しました。経済成長率の上方修正については現時点で年率3%台の成長になっていることを考えると、やや穏当な見方であると言える。

 物価見通しについては2019年に目標の2%に達するという見通しを今回も維持したが、利上げ継続がインフレ抑制につながることを勘案すると2%レベルのインフレは容易に達成できるとは思えない。パウエル氏がFRB議長に正式に就任した後で金利やインフレの見通しを下方修正する可能性はあると思われる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below