December 21, 2017 / 5:55 AM / 6 months ago

米朝間の緊張状態再び高まる


*14:53JST 米朝間の緊張状態再び高まる
 しばらく前から「米国は来年早々にも北朝鮮を攻撃するかもしれない」との噂が流れています。20日付けの英紙デイリー・テレグラフは情報筋の話を引用し、「北朝鮮のミサイル開発を阻止するため、米国では北朝鮮への攻撃計画が練られている」と報じました。報道によると、ホワイトハウスは外交手段で望ましい結果が得られていないことを危惧しているそうです。

 ティラーソン米国務長官更迭の噂が流れていることについて、識者の間では「外交手段による問題解決に失敗したからではないか」との指摘が出ています。事の真偽は定かではありませんが、ティラーソン国務長官が実際に更迭された場合、北朝鮮への軍事行動に対する市場の警戒感が一気に高まりそうです。なお、北朝鮮は21日、世界的なサイバー攻撃に自国は関与していないと発表していますが、この発言を確認することは困難であり、米朝間の緊張状態がすみやかに緩和される状況ではなくなりつつあります。

 北朝鮮側で新たな動きがなくても、市場の警戒感が低下することは難しくなっており、リスク回避的な取引が次第に増える可能性があります。予断を持つことなく、市場動向を慎重にウォッチしていくことが賢明でしょう。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below