January 31, 2018 / 8:02 AM / 3 months ago

黒田日銀総裁の続投が予想されているが・・・


*16:57JST 黒田日銀総裁の続投が予想されているが・・・
報道によると、岩田副総裁は31日、「再任はされないと確信している」と述べたそうです。岩田副総裁の任期は今年3月19日までとなりますが、本人がここまで言うからには、再任はないということでしょう。もう一人の副総裁である中曽氏の任期も今年3月19日までとなっています。中曽氏は日銀金融市場局長から日銀理事となり、2013年3月に副総裁に就任されています。副総裁を2期続けることはないとみられており、中曽氏も任期満了で退任する方向だと思われます。

 2名の副総裁が同時に退任し、日銀総裁まで交代すると金融政策も大きく変わっていくとの思惑が広がっても不思議ではありませんが、黒田総裁が続投することでそうした思惑は払拭されそうです。

 黒田日銀総裁は31日に開かれた参院予算委員会に出席し、民進党の小川敏夫議員の質問に対して「金融緩和を続けで2%達成することが日銀の使命である」と述べました。黒田総裁は「賃金、物価の上がり方が鈍いのは事実」と述べていますが、「経済は極めて順調に成長している」、「価格引き上げ広がり、中長期的に物価上昇率も上昇」、「中長期的な予想物価上昇率は着実に上昇する」などの見解を表明しました。

 黒田総裁は「現行の金融緩和策は有効に機能しており、この状態を今後も維持することで2%の物価目標はいずれ達成される」と自己評価しているかもしれませんが、市場はすでに物価目標達成後の金融政策のあり方を模索し、日銀に対して何らかの回答を求めています。黒田総裁の続投の有無に関係なく、市場のこの問いかけに対して果断に対応することが次期日銀総裁の重大な責務になりそうです。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below