for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

人民元建ての原油先物

*15:34JST 人民元建ての原油先物

中国証券監督管理委員会(証監会)は今月9日、人民元建ての原油先物を3月26日に上場すると発表しました。統計によると中国の原油輸入量は2017年末時点で米国を上回っており、現時点で世界最大。中国は自国の需要動向を原油相場に反映させたい狙いがあるとみられています。報道によると、中国は新たに創設する原油先物市場に外国人投資家の参加を認めるようです。

 原油先物は上海先物取引所傘下の「上海国際エネルギー取引所」に上場する予定となっています。取引は中東産原油が対象となるようです。米国のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)や欧州の北海ブレントとは異なりますが、これらが原油先物相場の国際指標となっていることは中国側にとって都合の良いことではないかもしれません。

 原油先物取引に詳しい市場関係者によると、既にベネズエラやイラン、ロシアなどの産油国が人民元建ての原油先物取引に興味を示しているもようです。原油先物相場は米ドル建てとなっていますが、国際エネルギー市場における中国の影響力は今後格段に高まることが予想されています。市場関係者の間では「人民元が国際準備通貨として認識されるようになるのは時間の問題」との声も聞かれています。

《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up