February 26, 2018 / 4:39 AM / 8 months ago

米FRB議長の議会証言への関心高まる


*13:32JST 米FRB議長の議会証言への関心高まる
 米下院金融委員会で半期に一度の議会証言が米東部時間27日午前10時から行われます。米連邦準備制度理事会(FRB)は先日、1月30−31日に開催された会合の議事録を公表しました。議事録では、多くのメンバーが12月FOMC以降、国内総生産(GDP)の成長見通しを引き上げたことが判明しています。

 メンバーの多くは減税の影響で短期的に成長が押し上げられると見ているようです。また、メンバーは短期的な成長見通しの改善が、政策金利であるFF金利誘導目標の緩やかな上昇の確率を高めるとの見解で合意しています。12月時点での利上げ予測が年3回であったことから、見通しが引き上げられた場合、4回の利上げの思惑が浮上しています。

 一方、ブラード米セントルイス連銀総裁は4回の利上げは多すぎるとの見解を示したほか、インフレ圧力が依然弱いとの判断から2回の利上げにとどまると見るメンバーもいます。市場の一部は今年5回の利上げも可能と見ていますが、景気見通しについてのパウエルFRB議長の見解は注目に値します。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below