February 28, 2018 / 6:48 AM / 8 months ago

米長期金利は3%水準に到達するか?


*15:40JST 米長期金利は3%水準に到達するか?
 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は27日、米下院金融サービス委員会で議会証言を行いました。証言内容についてはすでに多くのメディアで報じられていますが、「経済に関する個人的な見通しは、12月以降に強くなった」、「インフレ率が目標に向けて上昇しつつあるとの見方を強めるデータが出ている」、「政策金利のさらなる引き上げ(ゆるやかなペース)が、最大限の雇用と物価安定という金融当局の目標を達成するための最善策になる」などの見解を述べており、長期金利の上昇をうながす要因となったようです。

 市場関係者の間からは「パウエル議長は3月の追加利上げについて具体的なことは語っていない」との声が聞かれていますが、「経済に関する個人的な見通しは12月以降に強くなった」と述べていることから、次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で0.25ポイントの追加利上げが決定されることは、ほぼ確実と思われます。

 ただ、市場関係者が想定する年3回の利上げを上回るペースで利上げを行なうことについては、懐疑的な見方が少なくありません。大規模減税がインフレ加速につながるとすれば、利上げを今年4回行い、10年債利回りは一時的に2014年1月以来となる3%台に上昇してもおかしくありませんが、ムニューシン財務長官(トランプ政権)は長期金利のさらなる上昇を望んでいないことから、「パウエルFRB議長はインフレについてこれ以上強気な見方を示すことはない」との声が聞かれています。

 「利上げは今年3回、米長期金利が3%を上回る可能性は低い」と市場が判断した場合、ドル売りが強まりそうですが、その場合、米国株は再上昇の可能性があります。米国債利回りの上昇を見込んでいる投資家は少なくありませんが、この見通しが外れた場合、ドル急落の可能性が高まるかもしれません。米長期金利の動向に要注意です。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below