March 7, 2018 / 7:37 AM / 8 months ago

コーンNEC委員長辞任、市場への影響は?


*16:30JST コーンNEC委員長辞任、市場への影響は?
 コーンNEC委員長の辞任報道を受けてNYダウ先物は大幅安となっており、日本時間午後3時35分現在、386ドル安の24466ドルで推移しています。コーンNEC委員長辞任の影響について市場関係者の間からは「鉄鋼とアルミニウムが米経済に占める部分は小さいことから、大幅な価格上昇や生産低下などは予想されないものの、輸入関税賦課の対象が他の製品にも及んだ場合、株式市場は価格上昇、生産低下、雇用減少などを連想するかもしれない」、「株式市場は政権内におけるコーン氏の影響力に期待した部分があったようだが、同氏の辞任はトランプ政権の経済政策全般に対する信頼感を損なう結果になりかねない」などの悲観的な意見が出ています。

 一部の識者はトランプ政権による輸入関税計画は、今秋行なわれる中間選挙や今月13日に予定されているペンシルバニア州南西部18区での連邦下院補欠選挙を意識したものではないか?との見方も出ています。ペンシルバニア州のピッツバーグは製鉄、鉄鋼等の重工業が主要産業となっています。

 トランプ大統領は北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で米国が優位に立つことを考えているかもしれませんが、欧州、中国、WTOの対応次第で米国は今回の「闘争」で苦杯を喫する結果になることもあり得ます。各国の対応に注目したいと思います。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below