March 30, 2018 / 6:56 AM / 6 months ago

目先的にドル高・円安はやや一服か


*15:53JST 目先的にドル高・円安はやや一服か
 目先的にドル高・円安はやや一服するとの見方が浮上している。米中貿易摩擦の回避や米朝関係の改善などリスク要因が後退し、リスク回避の円買いはやや後退。日本の政治情勢の不透明感も払しょくされつつあり、この動きは円売りにつながるとの見方が多い。ただ、新たなドル買い材料は多くないだけに、ドル買い・円売りの勢いが強まるかどうか微妙な情勢だ。

 トランプ政権は、中国や日本をターゲットに鉄鋼・アルミ製品の輸入制限に踏み切り、中国が即時対抗措置に言及したことで米中貿易戦争が懸念された。その後、両国は協議による解決を目指すとし、激しい貿易摩擦は回避されたとの見方が広がっている。また、核開発をめぐり緊張感が高まっていた北朝鮮とは5月中に首脳会談が行われる見通しとなり、米朝間の緊張緩和が見込まれる。こうしたトランプ外交への期待から、ドル買い・円売りに振れやすい地合いとなろう。


 ただし、米連邦準備制度理事会(FRB)に対する利上げ加速期待は後退し、米10年債利回りは低水準に落ち込んだ。また、米国株の不安定な値動きが続いており、4月6日発表の3月雇用統計が堅調でもドル買いは小幅にとどまる見通し。トランプ政権内では3月の1カ月間で、ティラーソン国務長官など4人が交代しており、人事に関する不透明感がドル買い抑制の要因となりそうだ。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below