April 2, 2018 / 2:46 AM / 22 days ago

急変する北朝鮮情勢


*11:40JST 急変する北朝鮮情勢
 韓国統一省は3月29日、韓国の文大統領と北朝鮮の金委員長の首脳会談を4月27日に開催することで南北が合意したと発表しました。南北首脳会談の実施が正式に決まったことから、米国と北朝鮮の首脳会談が5月中に行われる可能性は一段と高まっています。

 共同通信は複数の米中外交筋の話として、中国の習近平国家主席が3月9日にトランプ米大統領と電話で北朝鮮情勢を協議した際、朝鮮戦争の主要当事国である米中と韓国、北朝鮮の4カ国による平和協定の締結を含む「新たな安全保障の枠組み」の構築を提唱していたと報じました。報道によると、中国は1953年に締結した朝鮮戦争休戦協定(国連軍と北朝鮮、中国が締結)から、平和協定に移行することを念頭に置いているとみられています。

 北朝鮮が非核化に極めて前向きである最大の理由について、識者の間からは「1953年に締結された朝鮮戦争休戦協定を平和協定に移行し、朝鮮戦争を名実ともに終結させることを強く望んでいるからではないか?」との声が聞かれています。さらに、北朝鮮の非核化は南北朝鮮の統一に向けた大きな一歩になるとの見方も広がっています。

 北朝鮮の非核化、南北朝鮮の統一に向けた動きが本物であれば、日本経済にも極めて大きな影響を与えることが予想されるため、4月27日の南北首脳会談と5月中に行われる見込みの米朝首脳会談の行方を市場は重大な関心を持って見守ることになりそうです。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below