April 24, 2018 / 1:14 AM / 5 months ago

日銀金融政策は当面現状維持の予想だが・・・・


*10:14JST 日銀金融政策は当面現状維持の予想だが・・・・
 日本銀行は今週26-27日に金融政策決定会合を開きます。今回も金融政策の現状維持が賛成多数で決定される見込みです。金融政策が現状維持と予想する主な理由ですが、「日銀は2%の物価安定の目標に向けたモメンタムは維持されていると判断している」、「マクロ的な需給ギャップは着実に改善していくと日銀は考えている」の2点を挙げている市場関係者が多いようです。

 日銀が今月2日に公表した3月全国企業短期経済観測調査(短観)では、改善が続いてきた企業の景況感が頭打ちとなったことが確認されました。ただし、生産やサービス供給能力と需要のバランスはバブル期並み(28年ぶり)のひっ迫感を示しており、物価動向に一定の影響を及ぼす状況となりつつあります。足元で原油価格が上昇していることも考慮すると、消費者物価コア指数は今年後半にかけて1%台に上昇する可能性が高いと思われます。

 それでも2%の物価目標を大幅に下回る状態が続くことになりますが、インフレ率の緩やかな上昇が想定されることから、2%インフレ目標の達成時期については「2019年度頃」の見通しを今回も据え置くと予想されます。金融政策の現状維持を受けて為替はやや円安方向に振れるとの見方が出ていますが、金融緩和策強化の思惑が後退した場合、円売り・米ドル買いは抑制される可能性もあります。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below