April 25, 2018 / 7:51 AM / in 7 months

米長期金利が3%レベルに到達


*16:46JST 米長期金利が3%レベルに到達
 米長期金利が3%レベルを超えたのは4年3カ月ぶりですが、米連邦準備理事会(FRB)は利上げ継続を明言しており、市場は6月に追加利上げが行なわれることを完全に織り込んでいます。債券運用の担当者にとって利上げ(金融引き締め)はあまり歓迎できない動きですが、 3%台の利回り水準を確保できることを考えると、債券投資をさらに増やすことを検討する投資家が増えても不思議ではありません。

 直近で発行された10年債の表面利率は2.75%ですが、今年7月以降に発行される10年国債の表面利率は3%以上になるはずです。米国の債務問題に対する懸念は常に存在しているものの、現時点で債務不履行に陥る可能性が高いわけではありません。3%超のリターンを期待できる債券投資が増えることは十分ありえます。それゆえに、市場関係者の間では利上げを歓迎する声も聞かれており、一部では株式から債券への大規模な資金シフトが今年後半にかけて発生するとの見方も出ています。

 ただし、米国債利回りの上昇が続いた場合、ある市場関係者は「一部の資源国通貨や新興国市場に与える影響は非常に大きなものになる」と指摘しています。ドル高よりも厄介なことになるとの見方もあります。日本人投資家の間では「日本国債市場にも相当大きな影響を与える」との声も聞かれており、米長期金利(米国債の利回り水準)の動向には、これまで以上に注意を払う必要がありそうです。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below