May 14, 2018 / 8:15 AM / 6 months ago

イラン核合意の再点検について


*17:12JST イラン核合意の再点検について
 イランと欧米など関係6カ国は2015年7月14日、イランの核問題で最終合意に達し、核開発を長期的に制限する見返りに制裁を解除することが決定されました。10年以上の長期間にわたる交渉でしたが、米国とイランの関係が大幅に変わることが期待されていました。

 合意によってイランは向こう10年超、ウラン濃縮などの核開発活動が縮小、制限されることになりました。1)遠心分離器を3分の1に縮小する、2)ウラン濃縮度は15年間で3.67%以下に制限される、3)濃縮ウラン保有量は15年間で300キログラム以下に制限される、4)ウラニウム研究開発は15年間ナタンツ施設に限定される、5)兵器級プルトニウムの生産は禁止されることなどが合意に含まれています。

 イランが合意内容に違反した場合、65日以内に制裁が再開される(スナップバック)措置も盛り込まれていました。国際原子力機関(IAEA)は2015年7月14日、イランの核開発疑惑の年内解明を目指すロードマップ(工程表)について同国と合意し、イランの核開発に関する「軍事的側面の可能性(PMD)」に関する最終報告の取りまとめが制裁解除の前提条件となっていました。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below