May 22, 2018 / 8:47 AM / a month ago

イラン核合意からの米国離脱、欧州と米国の対立は長引く可能性も


*17:43JST イラン核合意からの米国離脱、欧州と米国の対立は長引く可能性も
 イタリアの債務問題を意識したユーロ安・米ドル高は一服したようだが、一部の市場関係者は「トランプ米大統領がイラン核合意からの離脱を表明し、米国と欧州の関係が大幅に悪化したことがユーロ売り材料となっている」と指摘している。ある市場関係者は「米国と欧州の関係は戦後最悪と言っても過言ではなく、すみやかな関係修復が期待できない場合、ユーロはさらに下落する可能性がある」と警戒している。

 欧州委員会は18日、米国がイラン核合意から離脱し、対イラン制裁を再開すると表明したことを受け、イランにおける欧州企業の事業を制裁から保護するため、関連規制の見直しを開始したと発表した。(いわゆる「ブロッキング・スタチュート」の発動)欧州議会と欧州連合(EU)諸国の政府が正式に拒否しない限り、2カ月以内に発効するとみられる。

 「ブロッキング・スタチュート」はEU域内企業に対して米制裁の順守を禁じており、米国の制裁を科す裁判所の判断を認めていない。この規制は1990年代に米国がキューバと取引を行う外国企業に制裁を科そうとした際に導入されたが、正式に適用されたことはなかった。仮に、この措置が正式に適用された場合、米国と欧州の企業間で制裁・報復措置が広がる可能性がある。事態がここまで悪化した場合、米国経済も無事では済まなくなり、米国株式市場にも大きな影響が及ぶ可能性がある。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below