May 31, 2018 / 11:51 AM / 3 months ago

イタリア国債の需要について


*20:46JST イタリア国債の需要について
 一部報道によると、日本の大手生保である「かんぽ生命」は今年3月の総選挙前にイタリア国債の保有残高を3分の1に圧縮したもようだ。すでにリスク回避的なポジションになっており、市場が過剰反応して金利が急上昇する局面では買いを入れる可能性があるようだ。

 市場関係者の間では「イタリアの格付け見通しは今後悪化する可能性が高い」との見方が増えているが、ごく一部を除いて「イタリアが債務不履行の状態に陥ることはない」と考えているようだ。ある市場関係者は「投資家の多くは長期投資には消極的だが、1年以内のタームでの投資意欲はそこそこ強い」と指摘し、金利上昇の局面では一定規模の買いが着実に入るだろうと想定している。

 5月31日午前の時点でイタリア国債2年の利回り水準は1.282%近辺、10年債は2.785%近辺で推移している。利回りの絶対水準を重視する投資家にとって、10年債の利回り水準は格付けなどを勘案すると低いと感じるかもしれないが、短期金利が0%レベルであることを考慮すると割高とは言えないとの声も聞かれている。イタリアの政治不安がすみやかに払拭されるとは思えないが、何らかの事情でイタリア国債の需要が大幅に減少することがなければ、ユーロ・ドル急落の可能性は低いとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below