June 4, 2018 / 11:20 AM / 18 days ago

米通商問題に対する懸念残る


*20:16JST 米通商問題に対する懸念残る
 前週末に発表された予想を上回る内容の米雇用統計やISM製造業景況指数を好感したドル買い・円売り地合いが継続している。また、米長期金利の上昇もドル買いの支援材料となっている。さらに、史上初の米朝首脳会談が予定通り6月12日にシンガポールで開催されることが決定したことも、ドル相場を下支えしている。

 ただ、トランプ米政権による欧州連合(EU)、カナダ、メキシコから輸入する鉄鋼およびアルミニウムへの関税の発動を受けて、これら3カ国は対抗措置を講じる用意があると表明。このため、世界的な貿易摩擦への懸念は根強く、ドルの上値は抑えられているもよう。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below