June 7, 2018 / 8:58 AM / 5 months ago

ECBの金融正常化を期待したユーロ買い継続の可能性も


*17:54JST ECBの金融正常化を期待したユーロ買い継続の可能性も
 来週14日に開かれる欧州中央銀行(ECB)の理事会では、資産買い入れ策の終了について議論し、終了時期を公表する可能性があるようだ。イタリアの債務問題が意識して量的緩和策の終了時期を早い時期に明示することは難しいとの見方が広がっていたが、来週開かれる理事会で資産買い入れの終了時期が発表された場合、金融正常化の早期進展が改めて期待されることから、ユーロ買いは継続する可能性がある。

 足元の値動きは金融正常化の進展を織り込む様相を呈しており、来週の理事会前にユーロ・円は131円近辺まで上昇する可能性がある。量的緩和策の終了時期が公表された場合、ユーロ・円は底堅い動きを続ける可能性があり、当面の取引レンジはユーロ高の方向にシフトするものとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below