June 20, 2018 / 7:39 AM / 5 months ago

米債2年-10年のカーブフラットニングについて


*16:30JST 米債2年-10年のカーブフラットニングについて
 19日の米国株式市場ではNYダウ、S&P総合500種、ナスダック総合指数がいずれも下落しました。米中貿易戦争の激化によって世界経済停滞の可能性が意識されており、19日の米国長期債利回りも低下しています。今のところ、米連邦準備制度理事会(FRB)は今年中にあと2回の利上げを行なうとの見方は後退していないことから、10年債利回りの下げ幅は縮小しましたが、2年債と10年債の利回り格差は一時2007年8月末以来となる33.90bp近辺まで縮小しました。

 一般的に2年債と10年債の利回り格差の逆転(または大幅な縮小)は、将来的な景気後退入りを示唆する現象であるとみられています。過去の例では2003年8月から2006年11月にかけて利上げを行った影響で285bp近辺から−20bp近辺(10年債利回りが2年債利回りを下回る)まで縮小。その後2010年2月中旬にかけて294bp近辺まで拡大しています。この時は2008年9月にリーマンショックが発生し、主要国の金利は急低下しています。

 ただ、今回については米財政赤字拡大によって10年債利回りは再上昇する可能性もあるので、利上げを継続しても利回り格差のさらなる縮小は難しいとの声が聞かれています。利回り格差の縮小が為替相場に与える影響については、「単なる縮小は為替相場の大幅な変動につながる要因とは言えない」との指摘もあります。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below