June 27, 2018 / 5:08 AM / 5 months ago

6月の米消費者信頼感指数は市場予想を下回る


*14:00JST 6月の米消費者信頼感指数は市場予想を下回る
 米コンファレンスボード(CB)が26日に発表した6月の消費者信頼感指数は、市場予想を下回る126.4に低下しました。市場予想は128.0程度でした。所得を巡る見通しがやや悪化したことが要因です。また、向こう6カ月の期待指数は103.2で5月実績の107.2を大幅に下回っていました。期待指数は昨年3月に112.3まで上昇した後、6月にかけて99.60まで急低下しました。その後反転し、昨年11月に111.0まで戻していましたが、市場関係者の間では期待指数は昨年3月の112.30で天井を打ったとみられており、今後は100近辺まで低下するとの見方が増えています。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は6月13日に0.25ポイントの追加利上げを決定しましたが、追加利上げによって期待指数のトレンドが変わったとの見方は少ないようです。ただし、一部の市場関係者は期待指数と消費者信頼感指数の低下がこの先も続いた場合、市場のインフレ見通しは高い確率で弱含みになる(将来的にインフレ率は鈍化する)と予想しています。消費者信頼感指数の急激な変動は長期金利や為替相場に大きな影響を与える場合があるため、7月の数値は要注目となりそうです。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below