July 19, 2018 / 7:48 AM / a month ago

米国債務の持続性と金利見通し


*16:43JST 米国債務の持続性と金利見通し
 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は18日、米下院金融委員会での議会証言で「景気後退が迫っている証拠はない」との見方を示した。通商問題について「関税の影響が見られ始めたばかりだ」と指摘したが「我々が望んでいるほど、中国の貿易システムはオープンではない」との見方も提示した。

 パウエルFRB議長はこの日の証言でもイールドカーブについて言及し、「短期はFRBの行動への期待が反映されており、長期金利の動きが鍵となる」との見解を伝えた。米長期金利は2.8%近辺で下げ渋っているが、3%台に再上昇する可能性については懐疑的な見方が少なくないようだ。今のところは、利上げ継続によってイールドカーブのさらなる平坦化が予想されているが、一部の市場関係者は「米国債務の持続性に対する懸念が生じた場合、金利見通しの不透明感は強まり、イールドカーブの形状にも大きな影響を及ぼす」と指摘している。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below