August 29, 2018 / 5:38 AM / 3 months ago

8月消費者信頼感指数は予想外の改善


*14:33JST 8月消費者信頼感指数は予想外の改善
 コンファレンス・ボード(CB)が28日公表した8月米消費者信頼感指数は133.4と、市場予想の126.6程度を大幅に上回った。2000年10月以来の高水準となった。7月分は当初の127.4から127.9に修正された。現況指数は172.2、期待指数は107.6でいずれも7月実績を上回った。8月消費者信頼感指数は市場予想に反して上昇したことから、市場参加者から「9月追加利上げの環境は十分に整った」との声が聞かれた。

 米雇用情勢の改善が続いていることが指数の上昇につながったとすれば、9月に追加利上げを行なっても消費者信頼感は特に悪化しない可能性がある。28日の米国債券市場では債券利回りが全般的に上昇したが、イールドカーブの平坦化は一服した。債券市場は9月と12月の追加利上げを織り込んでいるが、インフレ加速は想定していない。ただし、米消費者信頼感指数が9月以降も高水準を維持した場合、市場のインフレ見通しに影響を及ぼす可能性があり、長短金利差(利回り格差)は拡大に転じることもあり得る。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below