October 3, 2018 / 5:54 AM / 2 months ago

イタリア債務問題に対する市場反応は過剰か


*14:46JST イタリア債務問題に対する市場反応は過剰か
 2日の欧米市場では、イタリアの債務問題などに対する市場の警戒感が高まり、ユーロは一時1.1505ドルまで下落した。イタリアの下院予算委員長が「イタリアは自国通貨を持つことによって大半の問題は解決する」との見解を示し、イタリア国債利回りが上昇したことがユーロ売り材料となったようだ。

 ただ、市場関係者の大半は、イタリアがユーロ圏から離脱することはまずあり得ないと考えており、イタリアの債務問題を嫌気したユーロ売りがさらに拡大するとの見方は増えていないようだ。フランス中央銀行のビルロワ・ドガロー総裁は2日、「イタリアなどの財政政策はECBの金融政策を揺さぶらない」との見方を示した。イタリア政府による財政拡張策については批判的な意見は多いものの、実現可能な税収の確保によって債務の持続性を維持することは十分可能との見方もあり、2019年度の財政赤字は国内総生産(GDP)対比で政府目標の2.4%未満にとどまる可能性は残されている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below