November 26, 2018 / 6:21 AM / 17 days ago

英国による合意なしのEU離脱に備える展開か


*15:16JST 英国による合意なしのEU離脱に備える展開か
 25日に開かれた欧州連合(EU)の臨時首脳会議で、英国がEUを離脱する条件を定めた協定などが正式に合意された。(双方の市民に保障する権利などを定めた離脱協定と、通商などの関係の大枠を示す政治宣言で合意)。合意は想定通りだが、英議会で承認を得ることは依然として困難な状況であるとみられている。英国が実質的にEU内にとどまる移行期間については、最長で2022年末まで延長可能。

 ただし、市場関係者の間では、「議会承認を得ることができなかった場合、英国は合意なしの離脱を選択する可能性が大幅に高まる」との見方が依然として多い。議会で否決された場合、メイ首相は辞任するかもしれないが、問題解決にはつながらない。

 外為市場参加者の多くは「合意なしのEU離脱」にある程度備えているようだが、「合意なしのEU離脱」がポンド相場に与える影響について、市場参加者の間から「過小評価されている」との声が聞かれている。英国議会で協定案が承認される可能性はかなり低いとされており、ポンド相場は12月にかけてさらに下落する可能性がある。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below