November 27, 2018 / 5:24 AM / 22 days ago

ドイツ経済の減速懸念


*14:19JST ドイツ経済の減速懸念
 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は26日、ユーロ圏の経済成長は減速しているとの見方を示した。ECBの金融政策に影響を及ぼすほどの状況ではないものの、市場関係者の間では「利上げ開始時期は流動的になりつつある」との見方が浮上している。ドイツのIFO経済研究所が26日発表した11月の企業景況感指数は102.0で10月実績の102.9、市場予想の102.3程度を下回った。先週23日に発表されたマークイット11月ドイツ総合PMIは52.2で10月実績の53.4を大幅に下回っている。

 ユーロ圏の主要国であるドイツ経済の減速が意識されていることから、ユーロ・ドルの先安観は後退していない。米国経済の成長鈍化の思惑が広がっているが、一部の市場関係者は「2019年と2020年のユーロ圏の経済成長率は米国を下回る可能性があり、利上げが実施されても年1-2回のペースにとどまる」と指摘している。米国金利の先高観は後退し、ドルに対する弱気な見方が一部で台頭しているが、ユーロ圏の経済成長が予想以上に減速した場合、トランプ大統領が望まないユーロ安・米ドル高の相場展開となる可能性は排除できない。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below