December 24, 2018 / 12:28 AM / 7 months ago

米トランプ政権が日米通商交渉に関する基本方針を発表


*09:23JST 米トランプ政権が日米通商交渉に関する基本方針を発表
 報道によると、米トランプ政権は21日、日本との2国間の通商交渉に関して、対日貿易赤字の削減、米農産物の包括的な市場アクセスの達成などの方針を表明した。正式表明ではないが、方針は22項目で労働、環境、貿易措置、投資などが挙げられているようだ。日本による為替操作を防ぐようにすることも含まれているもようだ。市場関係者によると、2国間交渉に関する米政府の方針は、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で打ち出した内容に近い。報道によると、米通商代表部(USTR)は交渉入りの少なくとも30日前までに方針を公表することが求められているようだ。

 日本による為替操作を認めないことについては、市場関係者の間で広く共有されており、想定内の方針であると言える。ただし、一部の関係者は「米国が日本銀行の金融政策について円安誘導を意図したものかどうかを確かめる可能性がある」と指摘しており、二国間交渉の場で日銀の金融政策について日本側が説明を要求されることもあり得る。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below