January 2, 2019 / 7:24 AM / in 3 months

米中関係の早期改善が期待されているが・・・


*16:19JST 米中関係の早期改善が期待されているが・・・
 報道によると、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は昨年12月29日、電話で協議した。トランプ大統領はツイッターで「合意が成立すれば、包括的であらゆる分野や争点を網羅したものになる。大きく進展しつつある」とのコメントを発した。また、中国国営の新華社によると、習国家主席は1日、トランプ米大統領と米中両国の国交樹立40周年を祝う手紙を交換したもようだ。報道によると手紙には「協力が双方にとって最も良い選択であることは歴史が十分に証明している」と記されていたようだ。

 12月31日の米国株式市場では、トランプ大統領が貿易摩擦を巡る米中交渉の進展を示唆したことを好感して買いが先行した。機関投資家によるリバランスや節税目的の損失確定が一服したことも株高の要因となったが、一部で「2月に習国家主席が訪米し、米中首脳会談を行なって貿易摩擦問題の決着を図る」との思惑も浮上しているようだ。米中関係の改善はアジア・欧米諸国の株高を促す一因となる可能性があることから、市場関係者の間では米中関係の早期改善への期待が広がっている。

 ただ、ドル・円については米利上げペース鈍化の可能性が消えていないことから、主要国の株式相場が堅調に推移してもドル買い・円売りの取引がすみやかに拡大するとの見方は増えていないようだ。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below