January 23, 2019 / 2:03 AM / a month ago

日銀はマイナスの長期債利回りを当面容認か


*10:56JST 日銀はマイナスの長期債利回りを当面容認か
 23日に開かれる日本銀行金融政策決定会合で、短期の政策金利を−0.1%、長期金利である10年物国債金利を0%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)の現状維持が賛成多数で決定される見込み。12月の金融政策決定会合では、「世界経済の先行きについては、不透明感が高まりつつある」、「海外経済は、地域間の相違がより明確になり、減速の兆しがみられ始めてきた」などの意見が出ていた。

 国際通貨基金(IMF)は2019年と2020年の世界経済見通しを下方修正しており、IMFは欧州や一部の新興国市場の低迷が下方修正の要因としている。このような背景から、市場関係者の間では、「きわめて緩和的な金融環境や政府支出による景気の下支えなどによって景気の拡大は続くとの日銀の従来の見解を維持することは難しい」との見方が出ている。金融緩和策をただちに強化する必要はないものの、日銀はマイナスの長期債利回りを当面容認し、円高の進行を阻止するとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below