March 25, 2019 / 7:11 AM / 3 months ago

英国のEU離脱交渉の行方


*16:04JST 英国のEU離脱交渉の行方
 英国は秩序ある欧州連合(EU)からの離脱を模索しており、英国側の事情に配慮してEU側は2週間の猶予を与えた。英国議会が3月29日までにメイ英首相のEU離脱協定案を可決すれば、離脱期限は5月22日まで延期されるが、否決された場合、4月12日までに離脱期限の延期をEUに要請する必要がある。

 フランス政府は22日、「英国議会がEU離脱協定案を批准できず、新たな計画も提示できなければ、英国は4月12日に合意なくEUを離脱する」との認識を示した。市場関係者の間では「英国は最終的に合意ある離脱に向かう」との見方もあるが、一部では「メイ英首相は離脱協定案の議会採決を求めず、新たな計画を4月12日までに策定し、EU側に提示するのではないか?」との観測が浮上している。現時点で英国のEU離脱を巡る情勢は流動的であり、リスク選好的なポンド買いがただちに強まる可能性は低いとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below