March 29, 2019 / 9:28 AM / 23 days ago

米早期利下げの思惑残る


*18:19JST 米早期利下げの思惑残る
 米商務省が28日発表した10-12月期国内総生産(GDP)確報値は前期比年率+2.2%となった。伸びは速報値+2.6%から下方修正された。2018年通年のGDP成長率は+2.9%でトランプ政権が目標としていた3%成長をやや下回る結果となったが、主要先進国の中では高い伸びを記録した。

 市場関係者の間からは「四半期ベースで米国の経済成長ペースは鈍化しており、今年1−3月期の成長率はさらに鈍化する可能性がある」との声が聞かれている。現時点で米国経済が景気後退に陥る可能性は特に高まっていないとの見方は多いものの、一部の市場関係者は「景気後退のリスクを回避するためには何らかの景気刺激策(財政支出の拡大)を導入する必要がある」と指摘している。

 ある市場関係者は「早い時期に利下げを行なう可能性は排除できないが、大きな効果は期待できない」と見ている。ただ、現実的には米連邦政府の債務上限を大幅に引き上げて新規国債の発行枠を拡大する必要があるため、財政出動への期待は広がっていない。市場の早期利下げ期待がただちに後退する可能性は低いとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below