April 10, 2019 / 12:53 AM / 2 months ago

市場関係者は欧米通商摩擦激化を警戒か


*09:46JST 市場関係者は欧米通商摩擦激化を警戒か
前日の海外市場では、国際通貨基金(IMF)による成長見通しの引き下げで、世界的な景気減速を懸念した円買いが強まり、111円台を割り込む場面もあった。また、欧米の関税をめぐる対立の再燃やこの日発表されたJOLT求人件数の悪化を受けた米国の腰折れへの警戒もあり、ドル売り・円買いの流れに。ただ、ドルは買戻しもみられ、NY市場では111円に戻して取引を終えている。

IMFは9日、今年1月に下方修正した世界経済見通しをさらに低下の方向で修正を加え、2019年の成長率予測を+3.3%に引き下げた。欧米や日本にもその影響を予測。そのタイミングで、トランプ米大統領は欧州連合(EU)の航空機メーカーへの補助金をめぐりEU製品への関税を検討していることを明らかにした。EU側も反発しており、双方による通商摩擦が今後激化する見通し。

そうした警戒感から前日の米国株は全面安となり、この後は日本株安を受けた円買いが先行し、ドルに下押し圧力がかかりやすい地合いとなりそうだ。ただ、110円台は押し目買いが観測され、極端な下げは回避される見通し。また、今晩の欧州中銀(ECB)理事会や米消費者物価指数など重要イベントを前に様子見ムードが広がりやすく、ドル売り一巡後は動意の薄い展開になるだろう。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below