May 28, 2019 / 5:42 AM / a month ago

人民元安問題


*14:34JST 人民元安問題
 報道によると、中国銀行保険監督管理委員会の郭樹清主席は27日、国営中央テレビ(CCTV)のインタビューで「米国との貿易摩擦による中国金融市場への影響は限定的にとどまっており、今後の影響はさらに小さいものになる」との見方を示した。また、郭氏は、「中国政府は意図的に通貨を切り下げる措置をとったことはない」と述べており、「人民元を空売りすれば多額の損失を被ることになる」と指摘している。中国の通貨当局は1ドル=7元が人民元相場の下限との方針を変えていないとみられるが、これまでのところ、人民元相場を意図的に押し上げる措置は講じていないようだ。

 市場関係者の間からは「通商問題などを巡る米中の対立が続いている間は人民元相場の反発は期待できない」との声が聞かれている。人民元相場の軟調地合いは豪ドル、NZドルや、一部新興国通貨の取引にも大きな影響を与えているが、米中対立の継続は主要国の金融政策にも無視できないほどの影響を与えているとみられており、市場関係者は事態の進展を慎重に観察していく必要がありそうだ。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below