June 25, 2019 / 6:05 AM / 4 months ago

年内3回の米利下げの可能性


*15:00JST 年内3回の米利下げの可能性
 報道によると、トランプ米大統領は24日、イランに対する追加制裁を科す大統領令に署名した。イランの最高指導者ハメネイ師、イスラム革命防衛隊(IRGC)の幹部が制裁対象となる。トランプ大統領は「イランとの交渉ができることを望む」、「イランとの対立を望んでいない」と述べているが、米国とイランの対立はしばらく続くとの懸念は消えていない。24日のニューヨーク市場では、地政学的リスク増大を警戒して安全資産である金、債券などが買われた。

 市場関係者の間からは、「中国、イランを相手に米国が二正面作戦的な対応をとることが妥当であるとは思えない」との批判的な意見が聞かれている。今週28−29日に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合で米中首脳会談が行なわれる予定だが、貿易協議進展への期待は高まっていないようだ。なお、トランプ大統領は再び利下げを要求しており、7月利下げの可能性は一段と高くなった。市場は年内複数回利下げを織り込んでいるものの、年内3回の利下げ観測が広がった場合、ドルの上値はさらに重くなる可能性がある。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below