August 13, 2019 / 6:49 AM / 6 days ago

米長期金利上げ渋りもドル売り拡大の可能性は低いとの見方も


*15:44JST 米長期金利上げ渋りもドル売り拡大の可能性は低いとの見方も
 12日の米国債券市場では、米中貿易摩擦の長期化に対する警戒感が高まっていることや、欧米株安を受けて安全逃避の債券買いが活発となった。香港国際空港内での抗議デモ活動が続いていることや、アルゼンチン大統領選挙予備選で現職マクリ氏の再選が危ぶまれる状況となったことも債券買い材料となった。

 市場関係者の間からは「米長期金利は米中貿易摩擦が米国経済に与える影響を十分織り込んだ水準まで低下している」との声が聞かれているが、「数カ月前の想定よりも状況は悪化している」との指摘もあり、米長期金利がただちに上昇に転じるとの見方は少ないようだ。為替については米9月利下げ(0.50ポイントの利下げ予想)を意識してドルの上値は重くなっているが、中国、ユーロ圏経済の先行き不安は払拭されていないことから、リスク回避のドル売りがさらに広がることについては懐疑的な見方も出ている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below