August 26, 2019 / 7:38 AM / in 21 days

米中対立の長期化は不可避か?


*16:30JST 米中対立の長期化は不可避か?
 中国商務省は8月23日、米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5%ないし10%の追加関税を賦課すると発表したが、この措置に対して、トランプ米大統領は、「これまでに課している2500億ドル相当の中国製品に対する関税を現在の25%から30%に引き上げる」、「中国製品3000億ドルに課す追加関税第4弾の税率は当初設定の10%から15%に引き上げる」と表明したことから、23日のニューヨーク市場では株安・ドル安・債券高の相場展開となった。

 26日早朝のアジア市場でドル・円は節目の105円を下回っており、ドル・円は年初来安値圏で推移している。市場関係者の間からは、「米中対立の長期化は人民元相場の一段の下落を招き、リスク回避の円買いが広がる」との声が聞かれている。一部では日韓関係の悪化もリスク要因(円高)として意識されており、「円高進行を嫌って日経平均株価は今月中に節目の2万円を下回る可能性がある」との声も聞かれている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below